2011年08月31日

森林ボランティアin県民の森

こんばんはー。

8月25日に森林ボランティアで「下刈り」を行ってきました。

岩手県では、平成22年度から県職員による森林ボランティア「県職員森づくり応援団」を組織し、活動しています。

今回は、今年2回目の開催となります。
(1回目は、「被災地への薪お届け隊」として葛巻町で薪づくりを行い、避難所へ届けるボランティア活動を行いました。)

下刈りを行ったのは、八幡平市松尾「県民の森」にある「市町村の森」で実施しました。
「市町村の森」では、毎年8月に市町村並びに県の職員による下刈り等の環境整備を行っているのですが、今年度は東日本大震災の影響により、甚大な被害を受けた沿岸の市町村が実施できないので、「県職員森づくり応援団」で行うこととなりました。

下刈りは、刈払い機を使用する人と手鎌で刈る人に分かれて行いました。私は手鎌で…
開始10分もたたないうちに汗がだらだらふらふら
やっぱり刈払い機は早いし、刈り残しが少ないです。手鎌だと、刈ったつもりでも倒しただけのものもあります。
IMG_0401.JPG

たった1時間弱しか刈っていないのに、手に力が入らず、次の日には筋肉痛になってしまいました。(情けないですもうやだ〜(悲しい顔)
改めて下刈りの大変さを痛感しました。

P1000686.JPG

おわりに…「県民の森」のご紹介をexclamation

「県民の森」は、岩手山麓に位置し、山腹から続くブナやミズナラ林、カラマツやトドマツの人工林等に囲まれた森林公園で、ツキノワグマやニホンカモシカ等の動物たちも生息しています。
公園内には、森林ふれあい学習館「フォレスト@」があり、木にふれあいながら子供や大人も楽しめますし、もちろん木工体験もできます。
イベント等も開催していますので、くわしくは↓をひらめき
http://kenminnomori.com/

県民の森の周辺にある「森の大橋」は、紅葉シーズンにはおすすめの絶景スポットです。森の大橋を渡っていくと、松川温泉もありますので、ぜひドライブがてら訪れてみてくださいいい気分(温泉)

しょっこf3.gif




posted by 森のあねっこ@いわて at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

緑の少年団大会

緑の少年団大会が7月28日から29日の2日間の日程で、葛巻町「くずまき高原牧場」で開催されましたぴかぴか(新しい)

緑の少年団大会は、県内の少年団が集まり、森林や自然の中で交流し、緑を愛し育てる心豊かな人間性を育てることを目的に開催しており、今年で43回目となります。

今年は東日本大震災で大きな被害を受けた沿岸部の復興に向けて、「豊かな森の緑の力で豊かな海の復活を」をテーマに沿岸部と内陸部をつなぐ活動に取り組み、復興を願う思いを届ける大会となりました。

参加人数は、県内23地区の365団員exclamation×2

開会式のあと、震災復興の願いを込めて、少年団員による植樹が行われ、牧場の体験交流センター近くに復興を祈念する標柱と、ブナの苗木23本、ツツジの苗木110本を植えました。
IMG_1449.JPG

午後からは、沿岸校への応援メッセージを作製exclamation
団員一人一人のメッセージを布に書き、葉っぱをスプーンの背でたたいて、色付けする「たたき染め」で彩りました。
IMG_1453.JPG
IMG_1459.JPG

また、自由工作(木工)も行いました。

夜は、団員が自分たちではったテントでキャンプをしました。
IMG_1465.JPG

夕食のあと行われたキャンプファイヤーでは、みんなで歌ったり、出し物を発表したり、交流を深めましたるんるん

くずまき高原牧場の自然の中、仲間たちといろいろな活動をした2日間わーい(嬉しい顔)
少年団員たちの顔は、いきいきとしていましたぴかぴか(新しい)

大人になってもこの2日間の夏の思い出を覚えていてくれたらいいなああと思います揺れるハート

実は…しょっこも十数年前、緑の少年団の一員として、この大会に参加したことがあるんです目

まさか将来自分がスタッフになって、携わることになるなんてグッド(上向き矢印)

しょっこf3.gif
posted by 森のあねっこ@いわて at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

岩手県県有林J-VERがリサイクルステーションに登場!?

8月1日(月)13:30から岩手県県有林J-VERクレジット売買契約調印式が行われました。ぴかぴか(新しい)
今回ご購入いただいたのは「株式会社環境思考様(三重県四日市市)」(10トン)と
有限会社丸萬産業三島古紙センター様(静岡県三島市)」(15トン)です。
ありがとうございますexclamation×2

画像 024.jpg
記念盾贈呈の写真です。左から、丸萬産業三島古紙センター様、岩手県農林水産部長、環境思考様です。

「滑ツ境思考様」と「(有)丸萬産業様」は東海地区に所在する企業なのですが、3月11日の東日本大震災津波を目の当たりにして、
「少しでも支援したい!」、「岩手の森林が元気で緑いっぱいになることは、東北だけでなく日本全体が元気になることに繋がる!」との震災復興への思いもあって、地元又は近隣県等からの購入ではなく、岩手県県有林J-VERクレジットを特に指名いただきました。ぴかぴか(新しい)

さらに、この2社様は協同でリサイクルステーションというリサイクル事業を展開しているんです。ひらめき
古紙やアルミ缶をリサイクルステーションに持ち込み、カードにエコポイントを貯めるという仕組みです。
たまったポイントは買い物等の商品券に交換できるのですが、
なんと今回は、利用者の方々がエコポイント利用して「岩手県県有林J-VER」を通してカーボンオフセットに参加できるシステムも導入するそうです。

遠く離れた東海地区のエコステーション利用者の皆さんが、岩手の森林を想い、カーボンオフセットできる仕組みがこれから始まります。
そして、岩手県県有林の森づくりがさらに進められることになります。

さて、今回も森のあねっこが売買契約締結書への調印のお手伝いをしました。
だいぶ、式典のお手伝いも慣れてきた「あねっこ」のみんなですが、今回は初めての3者での契約調印式ということもあり、司会のキヨッコリーはちょいと緊張してしまいました。

IMG_1767.JPGIMG_1768.JPG

式典のあいさつでは、「岩手県のために復興に何かできないか」という気持ちから今回の購入に至ったとのお話を頂きました。
とても、温かいお言葉に胸が熱くなりました。黒ハート

式典の後には、リサイクルステーションのポイントを貯める機械の実演会も行われました。目
式典の参加者や取材者の方々みんなで実際に機械に触れて、排出したCO2をオフセットする体験をしました。

画像 107.jpg

あねっこのみんなもトライです!
自動車の排出量ってやっぱりスゴイです。なるべく自転車で移動しなきゃなぁ…

最後に「滑ツ境思考様」、「(有)丸萬産業様」とあねっこでパチリ!カメラ
画像 124.jpg
posted by 森のあねっこ@いわて at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネパール情報第4弾!

掲載が大変遅くなってごめんなさい!もうやだ〜(悲しい顔)
森のあねっこ@ネパール「ネパールの明るい太陽アッキー」からネパール情報第4弾が到着しました。るんるん
今回は学校での植林指導をしてきたみたいですよ〜!!

-------------------------------------------------------------------------------
青年海外協力隊に現職参加している森のあねっこ@ネパールが、ネパールでの仕事と生活についてお伝えします。


6月29日(水)
そろそろ本格的な雨期が始まろうとしています。今日のお仕事は学校での植林指導。
 ネパールのシャンジャ郡内でも、森林や環境のことを学校に通っているうちから考えさせようと、「エコクラブ」なるものが3つの学校で作られました。そのうちの1つの学校で、エコクラブの活動の1つとして学校林に植林を行ないました。
今日ネパールは「米の日」、田植えが1番忙しくなる時期で、田植えの休憩にチウラ(蒸した米を乾燥させついたたもの)とモイ(水牛の牛乳から作られる飲み物)を食べる日でもあります。
学校はこの時期、田植え、畑仕事や雨のため1ヶ月ほどの休みがあります。日中は暑くなり、田植えで子供たちも忙しくなるため、植林は朝行なわれました。
植えた木は将来学校を立てる際に使える様にと木材用の木、薬草となる木、飼葉となる木、実が食べられる木と様々です。森林事務所の職員が、お手本を見せながら植林をし、その後子供たちが植えます。私はカメラマン兼手直し係。子供も大人も自分が木を植えている姿を撮って欲しくて「こっちを撮って」「こっちも撮って」と呼びかけてきます。あちこちで写真を撮りつつ植え方が不十分な苗を見つけると子供たちを呼んでは手直しをさせます。手直しをさせていると私のネパール語を真似しつつ、子供が話しかけてくれたり集まってきます。
子供たちに「また来てね。」「一緒に植林できて楽しかった。」と今日の感想をもらい、植林指導は終了です。

ネパール4-1.jpg 
植林の様子
鍬で穴を掘り、手で埋め戻します。

ネパール4-2.png
生徒や先生、父兄が集まり植林をしました。


下の写真はネパールの田植えの様子です。私も週末に大家さんの田植えを手伝いに行ってきました。
男性たちが水牛で田を耕し、女性たちが稲の苗を植えます。私は一日中苗床から苗を引っこ抜き、苗の束を作って植えている人たちに苗を送る仕事をしました。

下の写真の田んぼは4月にとうもろこしを植え、今年2度目の植え付けです。
山間部ではとうもろこしを植えたあとにシコクビエをうえ、収穫が終わるとマスタードを植えます。

ネパール4-3.jpg

4日間降り続いた雨があがり、田植え日和です。

posted by 森のあねっこ@いわて at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

さんさ踊りに参加

8月1日から4日にかけて、
さんさ踊りるんるんが開催されましたぴかぴか(新しい)

私たち「森のあねっこ」も、
初日の8/1に県庁チームの踊り手として参加しました目

当日は、雨雨が降らないかと心配していましたが、
祭りの間は、何とか天気ももってくれました。
むしろ、涼しいくらいの気温で、快適に踊ることができましたよ手(チョキ)

さんさ踊りは、太鼓、笛、踊り手によるパレードですぴかぴか(新しい)
県庁チームは、通称4番と言われる「福呼踊り」で参加しました。

私たちは、折角さんさ踊りに参加するならパンチあせあせ(飛び散る汗)…ということで、
森のあねっこキャラクターの揃いのうちわを作成かわいい
そして、体にはクマよけ鈴をつけて、いざ出陣exclamation

キヨッコリーに背負われて、
何と!間伐クン(ミニバージョン)も一緒に参加しましたよぴかぴか(新しい)

さんさ1.jpg

さんさ3.JPG

「森のあねっこ」は、パレードの最後尾で踊っていましたが、
踊りの掛け声では、皆かなり大きな声を出して、
最後まで頑張りましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

さんさ2.jpg


さんさ踊りは、観るだけではなく「さんか」できるお祭です。

パレード終了後には、“輪踊り”るんるんが開催されますが、
一般の観覧者の方々も自由に参加する事ができるのです眼鏡

次回は来年となりますが、
是非、一度参加されてみてはいかがでしょう手(パー)
posted by 森のあねっこ@いわて at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。