2012年09月20日

「木質バイオマスエネルギー利用促進セミナー」の開催報告

去る8月21、22、30、31日の4日間にわたり、
岩手県農林水産部林業振興課主催による
「木質バイオマスエネルギー利用促進セミナー」
県内4カ所で開催されましたので、紹介します。

岩手大学 沢辺攻 名誉教授、
株式会社FTカーボン 富士昌孝 代表取締役を講師として迎え、
以下の2テーマについて、講演が行われました。

1 木質バイオマスエネルギーの利用促進に向けて(岩手大学 沢辺攻 名誉教授)
   木質エネルギーの利用意義や利用方法、木質燃料の特性などが説明され、
  オーストリア等における木質エネルギー利用の現状や木質燃料サプライチェーン
  の事例が紹介されました。
   木質エネルギーの本格利用に向けては、効率的なサプライチェーンの構築
  のほか、重点項目として、以下の4点が提案されました。
  ・高効率で安全・安価な燃焼機器の開発・普及
  ・個別熱利用から地域熱供給への移行
  ・木質エネルギーの産業利用
  ・灰処理(有効利用方法の確立、処理費用の軽減)

2 木質バイオマスエネルギー利用における国内クレジット制度等の活用に向けて
              (株式会社FTカーボン 富士昌孝 代表取締役)
   国内クレジット制度の概要(申請要件・手続きの流れ・国の支援制度等)の
  解説がされ、実例をあげ、クレジット制度への申請効果の紹介がありました。
   2013年度以降の「新クレジット制度」の概要や留意事項について説明が
  ありました。

 沢辺講師(二戸会場:8/22)
二戸セミナー沢辺講師.JPG

 富士講師(奥州会場:8/30)
奥州会場富士講師.JPG


また、会場(雫石・二戸・奥州・住田)ごとに、
実際に木質資源利用ボイラーを導入している事業体から、
ボイラー導入後の体験談など話題提供を頂き、現地にてボイラーを見学させて頂きました。

 雫石会場(雫石町健康センター:チップボイラー)
雫石ボイラー見学.JPG

 二戸会場(金田一温泉ゆうゆう湯〜らく:チップボイラー)
 二戸現地見学.JPG

 奥州会場(株式会社オノダ:木屑焚きボイラー)
奥州会場木屑炊きボイラー.JPG

 住田会場(町立世田米保育園:ペレットボイラー)
住田会場ペレットボイラー.JPG

 世田米保育園では、見学当日は稼働していませんでしたが
(通常は冬季稼働のため)、特別に「着火」の状況を見せて頂きました。
 P1010377.JPG

 シーズン初めに着火後は、種火で継続するそうなので、
 とても貴重なシーンを見せて頂きましたわーい(嬉しい顔)
 P1010382.JPG

参加者は4会場で、総勢95名目
県内の自治体担当者をはじめ、製材・木材加工業者、素材生産事業者、
森林組合のほか、温泉施設や食品加工施設などの民間事業体の方々の
参加もありましたぴかぴか(新しい)

セミナー終了後のアンケート調査では、参加者の多くでセミナー内容に理解
が得られた一方で、具体的な案件へと結びつけていくためには、
支援が必要な課題があることも明らかとなりました。

今後は、それら課題解決に向け、必要に応じて
木質バイオマスコーディネーター派遣するなど、支援を継続していく予定です。
posted by 森のあねっこ@いわて at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

宮古発・復興住宅「暖(ぬくだまり)」モデルハウスが完成!

9月1日、2日に、宮古市で、
宮古発・復興住宅「暖(ぬくだまり)」
モデルハウス完成見学会が開催されました目

暖(ぬくだまり)プロジェクトは、
以前、当ブログでも構造見学会の様子を紹介させて頂きましたが、
この度、遂に、崎鍬ヶ崎モデルハウスが完成しましたexclamation×2

とてもステキな住宅ですぴかぴか(新しい)
一部をご紹介します↓。

外観です
外観.jpg

1階 リビング
1階リビング.jpg
床板(アカマツFJ材)
この床でゴロゴロしたら気持ちいいだろうな〜わーい(嬉しい顔)
ペレット・薪兼用ストーブが設置されています。

1階 和室
1階和室.jpg

1階、2階ともに、南向きに大きな窓があり、
家のなかには、自然の光が差し込み、とっても明るいですグッド(上向き矢印)

柱や梁だけでなく、床、窓枠、階段、手摺など、
いたるところに地元産の木材が使われていて、
木のぬくもりを肌で感じることができる空間となっていますぴかぴか(新しい)

2階 床板(スギ材)
2階床板(スギ).jpg
※2階の間仕切り等は、購入者が決定した後に施行されるそうです。

また、暖(ぬくだまり)は、
耐震性、断熱性に優れた高性能省エネ住宅です。
国土交通省の「住宅・建築物省CO2先導事業」にも採択されている住宅です。

住宅の断熱性能が高いので、少しのエネルギーで
冬は暖かく、夏は涼しい住環境を生み出すことができます。
まさに、エコハウスですねexclamation

私が、思わず「これいいな!」と目に入った箇所はこちら↓
洗濯干しスペース.jpg

2階の南窓付近に設けられたこのスペース。
『洗濯物干し部屋』にもできるそうです。
兼業主婦にとっては、とてもありがたい
(現実的でスンマせん…)

今回完成した崎鍬ヶ崎モデルハウスは、約36坪。
太陽光パネル、ペレット兼薪ストーブなどの設備付きで、
約2,000万円(土地抜き、坪単価約55万円)とのこと。

ぬぐだまりモデルハウスは、間もなく購入受付が開始されるそうなので、
詳しくは、こちら↓までお問い合わせ下さい。
http://ameblo.jp/nugudamari-p/
posted by 森のあねっこ@いわて at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。