2011年08月11日

岩手県県有林J-VERがリサイクルステーションに登場!?

8月1日(月)13:30から岩手県県有林J-VERクレジット売買契約調印式が行われました。ぴかぴか(新しい)
今回ご購入いただいたのは「株式会社環境思考様(三重県四日市市)」(10トン)と
有限会社丸萬産業三島古紙センター様(静岡県三島市)」(15トン)です。
ありがとうございますexclamation×2

画像 024.jpg
記念盾贈呈の写真です。左から、丸萬産業三島古紙センター様、岩手県農林水産部長、環境思考様です。

「滑ツ境思考様」と「(有)丸萬産業様」は東海地区に所在する企業なのですが、3月11日の東日本大震災津波を目の当たりにして、
「少しでも支援したい!」、「岩手の森林が元気で緑いっぱいになることは、東北だけでなく日本全体が元気になることに繋がる!」との震災復興への思いもあって、地元又は近隣県等からの購入ではなく、岩手県県有林J-VERクレジットを特に指名いただきました。ぴかぴか(新しい)

さらに、この2社様は協同でリサイクルステーションというリサイクル事業を展開しているんです。ひらめき
古紙やアルミ缶をリサイクルステーションに持ち込み、カードにエコポイントを貯めるという仕組みです。
たまったポイントは買い物等の商品券に交換できるのですが、
なんと今回は、利用者の方々がエコポイント利用して「岩手県県有林J-VER」を通してカーボンオフセットに参加できるシステムも導入するそうです。

遠く離れた東海地区のエコステーション利用者の皆さんが、岩手の森林を想い、カーボンオフセットできる仕組みがこれから始まります。
そして、岩手県県有林の森づくりがさらに進められることになります。

さて、今回も森のあねっこが売買契約締結書への調印のお手伝いをしました。
だいぶ、式典のお手伝いも慣れてきた「あねっこ」のみんなですが、今回は初めての3者での契約調印式ということもあり、司会のキヨッコリーはちょいと緊張してしまいました。

IMG_1767.JPGIMG_1768.JPG

式典のあいさつでは、「岩手県のために復興に何かできないか」という気持ちから今回の購入に至ったとのお話を頂きました。
とても、温かいお言葉に胸が熱くなりました。黒ハート

式典の後には、リサイクルステーションのポイントを貯める機械の実演会も行われました。目
式典の参加者や取材者の方々みんなで実際に機械に触れて、排出したCO2をオフセットする体験をしました。

画像 107.jpg

あねっこのみんなもトライです!
自動車の排出量ってやっぱりスゴイです。なるべく自転車で移動しなきゃなぁ…

最後に「滑ツ境思考様」、「(有)丸萬産業様」とあねっこでパチリ!カメラ
画像 124.jpg
posted by 森のあねっこ@いわて at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219698125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。