2012年12月02日

いわて・東北の森林づくり活動報告会

 11月17日に岩手大学教育学部北桐ホールにおいて「いわて・東北の森林づくり活動報告会」が開催されました。

 東北地方では、森林ボランティア団体やNPO団体等による様々な森林づくり活動が積極的に展開されています。今回の報告会は、東北地方で森林づくり活動を行っている団体によるこれまでの活動の成果を発表し、市民等による森林づくり活動の一層の促進とともに、森林環境教育や里山林の再生等、森林の多様な利用と整備を推進する機会として開催されたものです。

 最初に国民の森林づくりや環境保護に功労のあった方々に感謝状の贈呈がありました。
 受賞団体は、青森森林インストラクター会(青森県)
       権現森自然研究会(宮城県)
       雄勝漁業協同組合(秋田県)の3団体です。おめでとうございましたぴかぴか(新しい)

 岩手県からは「岩手の森林づくり県民税を活用した森林づくりについて」と題して、「岩手の森林づくり県民税」の制度内容や平成24年度以降の取組みを森のあねっこから報告しましたわーい(嬉しい顔)
 また、各団体からの森林づくり活動報告のうち岩手県からは、NPO法人いわて再生研究会の斉藤さんから「震災復旧支援活動〜役立った森林作業の技術〜」、盛岡市飯岡地区学校林を考える会の代表世話人である川村さんから「学校林を遊び尽くせ〜学校林の主ヤマリンのお告げにより活動しています〜」の発表がありました。
  
 各団体からの発表を通じて、植樹や自然観察会、学校林を活用した学習会、キノコの駒打ち、森林整備など様々な活動により森林づくりに参加していることが分かりました。これからのみなさんの活動がますます展開されますように応援しています!!
 
CIMG3301.JPG


 
posted by 森のあねっこ@いわて at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304895620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。