2012年05月30日

ウサギの親子に遭遇(?)

5月ももうすぐ終わりですねたらーっ(汗)
24年度も2ヶ月があっという間に過ぎようとしています
夜、職場の皆さんとそんな話をしていました。

さて、今日は、現場に出た際にウサギの親子を見かけたので
その時の様子を書いてみたいと思います。

シカ、カモシカ、リスetcは見かけることがありましたが
ウサギを見たのは初めてでしたぴかぴか(新しい)

しかもまだ小さな子ウサギを間近で見られたこともあって
ちょっと感激してしまいました。



発見したのは・・・・・


調査を終えて車に戻ろうとしていた時でした。

最初は母ウサギが逃げていくのが見えました。

その近くに、子ウサギが3羽いたようです・・・
(私は1羽しか確認できませんでした。)

子ウサギは茶色だったので、
最初は下草に隠れていて私には見えませんふらふら

でも、一緒に現場に行った方が掌にのせて見せてくれたので
今度はちゃんと確認することができました。

本当に小さくて、じっとうずくまっていて殆ど動きません。

子供の頃に買ってもらったぬいぐるみのようでした。



今になってみると・・・・・

驚かせてしまったんだろうな(特に母ウサギ)
ちょっと悪いことをしたな
と思いますあせあせ(飛び散る汗)

もしかしたら、母ウサギが最初に逃げたのは
自分が囮になるためだったのかもしれないとも思いました。
(それは考えすぎかもしれませんが・・・)


親子が再開(?)し、
無事に巣穴に戻っていればいいなあと思いながら
その日は眠りについたのでした夜


(追記)
昨日はカモシカが一目散に逃げていくのを目撃し、
現場に向う道路脇ではアナグマを見かけました。

今月は本当に色々な動物たちを見つけた1月でしたぴかぴか(新しい)
posted by 森のあねっこ@いわて at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

森のリースフェスティバル

12月に入り寒さも一段と厳しくなってきました台風
いよいよ本格的な冬到来ですねがく〜(落胆した顔)

さて、12月といえばクリスマスクリスマスプレゼント
昨日から、ハートフルワークいわてさん主催の
Waのまちもりおか森のリースフェスティバル
が始まりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

私が毎日通る肴町アーケードでも、
大小様々な森のリースが飾られていますわーい(嬉しい顔)

DSC00780.JPG

このリースの素材の大半は、いわての山の恵みでできているんですよexclamation

山の手入れをした際に出るツル、スギの葉などを土台にして、
松ぼっくりやアカマツでできたオーナメントが飾られていますかわいい

アカマツのオーナメント
DSC00786.JPG

ツルは、山に植林した木の成長を阻害するとして、
山の手入れをする際には少しやっかいもの扱いされますがたらーっ(汗)
こうやって街を彩るリースの素材として活用されているのを見ると、
「山の資源も色んな使い方があるんだな〜目」と改めて気づかされましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

このフェスティバルを通じて、森のリースを目にする人にも、
森林のこと山仕事のことを知ってもらえるきっかけになれば嬉しいでするんるん

プラザおでって前には、直径約2mのシンボルツリーが展示されていて、
夜にはイルミネーションで彩られていますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)exclamation

DSC00784.JPG

盛岡の街で、森のリースをみかけたら、
いわての山の恵みでできていることを思い出してくださいねかわいい
posted by 森のあねっこ@いわて at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

みちのくあじさいプリザーブドフラワー

「鮮やかな色で綺麗exclamationぴかぴか(新しい)我が家にも一つ置きたいなかわいい
というのが、私の第一印象でしたわーい(嬉しい顔)

昨日、みちのくあじさい加工組合(みちのくあじさい花工房)で加工された
みちのくあじさいプリザーブドフラワー」を目にする機会がありました。

こちらは、知事室に飾られる予定のものです。
2.png

作品のテーマは「自然からの贈りもの」ということで、
自然溢れる岩手県を、海の青森の緑尊敬を紫で表しています。
「大自然よ、有り難き贈りもの」プレゼントというメッセージが
込められているそうですクリスマス

ほかの作品は、こちら↓。
5.png

4.png

3.png

これらは全てアジサイででてきているんですよ目

プリザーブドフラワーは、摘み取った花を脱色・漂白してから、
染色するようなので、様々な色が表現できるんですねひらめき
アジサイからは想像できないような鮮やかな色合いだったので、
作品の原料がアジサイだと聞いて驚きましたむかっ(怒り)

一関市舞川地区では、「楽しみながら山仕事をしたいexclamation」という
コンセプトから、スギの林間にアジサイを植栽したのがきっかけとなり、
現在では「あじさいの郷」が形成されています。

平成14年からは、みちのくあじさい園や周辺農家が協働で、
アジサイの花をプリザーブドフラワー用の原料として出荷するなど、
アジサイを活用した魅力ある山村づくりが推進されていますぴかぴか(新しい)

そして、今年からは「みちのくあじさい花工房」にて、
プリザーブドフラワーアレンジ品の販売も始めたそうです。

アジサイのプリザーブドフラワーに興味がある方は、
是非、こちらへ↓ぴかぴか(新しい)
http://michinokuajisai.com/index.html
posted by 森のあねっこ@いわて at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。