2012年07月07日

未来を育てる育樹際(2)

少し間があいてしまって申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)
先月開催された「未来を育てる育樹際」の続きです。

前回のブログで当日全体の報告をしましたが
今日は龍ちゃんウォーキングについて書きたいと思います。

(前回のブログが長くなりそうだったことと
 龍ちゃんウォーキングの担当だったこともあり
 2回に分けて書くことにしました)


龍ちゃんウォーキングの内容は・・・

早坂高原内にあるセラピーロードを
ゆっくり歩きながら周辺の樹木を観察するというものです。

DSCF2682.jpg

ブナとダケカンバがメインだったので、
それ以外の特徴的な樹種について簡単に説明し
葉や樹皮に触ってもらいました。

例えば

 香りがあるものとして
  クロモジ、コブシ etc 
 樹皮や葉などに特徴があるものとして
  ウリハダカエデ、ミズキ etc


特に印象に残っているのは
一際大きなブナのまわりに集まった子供たちが
腕をまわしたところを写真撮影してもらっている様子です。

2人ずつ交代しながら先生に写真をおねだりしているのが
微笑ましく、それ程反響があるとは予想していなかったので
こちらもうれしくなりましたわーい(嬉しい顔)

DSCF2680.jpg


子供たちの様子を見ていて
自分が小学生の頃に参加したキャンプや子供会などの
イベントを思い出し、とても懐かしくなりました。

親子で参加したり、学校単位で参加したりと様々でしたが
育樹際の体験活動が子供たちの思い出のひとつになれば
いいなあと思いましたぴかぴか(新しい)
posted by 森のあねっこ@いわて at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

次世代林業東北サミット会議 〜東北の復興と森林再生に向けて〜

イベントの案内です目

遠野市、釜石市、住田町、大槌町、(社)東北経済連合会、
(社)日本プロジェクト産業協議会、岩手県の7者主催により、
「次世代林業東北サミット会議」遠野市で開催されますぴかぴか(新しい)

この会議は、林業界と産業界が連携して、
森林資源のカスケイド利用を通じて木材自給率 50%を目指す活動の一つとして
開催されるもので、東北の復興と森林再生を目的としています。

ご興味がおありの方は、是非ご参加下さい。

詳細は以下↓のとおりですひらめき

1 日 時:平成24年7月19日(木)15:30
2 場 所:遠野市民センター
3 定 員:800名
4 基調講演:林野庁長官 皆川芳嗣
5 事例発表
 @大型木造構造への試み「都市(まち)に森をつくる」
              【山形県:潟Vェルター】
 A川上から川下まで一貫した林業・製材業事業体を目指して
                  【秋田県:許蝌e木材】
 B大口需要者に向けた地域材安定供給の取組
        【岩手県:ノースジャパン素材流通協同組合】
 C地域材利用に向けた取組           【住田町】
 D広域森林カスケイド利用と復興住宅の取組【上閉伊地域復興住宅協議会】
6 参加費:サミット会議は無料、交流会は3,000円

【申込み先】
 〇 森林(もり)のくに遠野(担当:河野)
   E-mail:shinrin@tonotv.com FAX:0198-62-0632
 又は
 〇 次世代林業東北サミット会議事務局(担当:五島)
   E-mail:shinrin@japic21.or.jp FAX:03-3668-8718
【申し込み期限】
 平成24年6月30日(土)

詳細はこちらのチラシをご覧ください
チラシ-1.pdf

posted by 森のあねっこ@いわて at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

い・ろ・は・す(I LOHAS)

 本日、公益社団法人コカ・コーラ教育・環境財団岩手支部様から、
「いわて森林づくり基金」にご寄付をいただきましたぴかぴか(新しい)

 岩手県の森づくりの取組みにご理解いただき、
厚いご支援をいただきましたことに、心より感謝申し上げます。
 ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

%E7%84%A1%E9%A1%8C2.jpg

 公益社団法人コカ・コーラ教育・環境財団岩手支部様をはじめ、
コカ・コーラグループ様では、「地元の水応援プロジェクト
を実施しています。

%E7%84%A1%E9%A1%8C3.png

 このプロジェクトは、「い・ろ・は・す」の
売上げの一部が、全国47都道府県の水資源を守る活動を行う団体等に
寄付されるというものです。

 つまり、「い・ろ・は・すを飲むと
間接的に水資源を守る活動に参加することができるのですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

%E7%84%A1%E9%A1%8C.jpg
 
 例えば、
「水をきれいにする活動をしたい!水資源を育む森を元気にする活動をしたい!
だけど、何から始めていいのやら…」といった場合でも、
活動に参加しやすいのではexclamation&question

 多くの人が、身近に、そして手軽に参加できるという仕組みが魅力的ですね。

 岩手県では、平成18年度から「いわての森林づくり県民税」を導入し、
県民参加の森林づくり促進事業」を通じて、森林の持つ水源のかん養機能や
生物多様性保全機能の保全や維持に取り組む活動を支援しています目
 今回の寄付金は、この活動支援に、大切に活用させていただきますかわいい

 森林は、水資源を育む機能など、私たちの生活に欠かせない多くの役割を担っています。
今後も、この森林資源を守り育て、次の世代に引き継いでいきたいと思いますぴかぴか(新しい)。 
posted by 森のあねっこ@いわて at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。